MEMORY

港町神戸の原点、海岸通沿いの特等席にて。

神戸港と居留地を結んだ人とモノと文化の行き交いこそが、港町神戸のイメージを司る原点。美観ビルディングの建ち並ぶ最前列のストリートが、舞台となる海岸通。

1868年(慶応3年)の開港以来、外国人のための住居や通商の場として整備された居留地は、1899年(明治32年)の返還式以降、大正から昭和の時代にかけて多くの日本商社や銀行が進出し、海を起点とする神戸ビジネスの中心地としてさらに発展しました。神戸港と居留地を結ぶこの元町海手の界隈には、整備された西国街道にハイカラな商店が軒を連ねた元町通や、金融機関・商社・船会社などが本・支点を構え東洋のウォール街と呼ばれた栄町通、海運貨物取扱業者が軒を連ね賑わった乙仲通、そして最も海側の最前列に位置する海岸通と、神戸の繁栄を象徴する個性的なストリートが並びます。「ザ・レジデンス元町 海岸通」が面する海岸通は明治の初期からプロムナードとして整備され、昭和初期になると神戸郵船ビルや海岸ビル、商船三井ビルディング、オリエンタルホテルなどの近代的な石造建築が連続する都市景観を形成しました。穏やかな大海原に向かうモダンな建物の美観は、人とモノと文化の交流を象徴するストリートとして人々に親しまれてきました。

高層商館の建並ぶ海岸通の美観:昭和初期/神戸市文書館提供

栄町通:大正/神戸市文書館提供

元町1・2丁目(浜側):昭和12年/神戸市文書館提供(レファート写真コレクション)

海からの記憶を継ぐ、メリケンパークを眼前に。

世界の海運と文化をつないだ日本の玄関口として、神戸の発展を支えたメリケン波止場。過去から未来への記憶が凝縮された、メモリアルなパークを眼前に。

潮流の干満差が小さく穏やかな神戸港は、美しい六甲山系が間近に迫る市街地と近接した地の利と、日本のほぼ中央に位置するとともに世界の海運メインルート上にあることから、国内の航路としてはもちろん、古くから北米・欧州・オセアニア・東南アジア・中国などの世界各地と結ばれてきました。明治中期頃から小型蒸気船の発着場として賑わったメリケン波止場は、やがて大規模な突堤の建設が進み日本最大の停泊地として発展しました。1987年(昭和62年)の神戸港開港120年を記念して、メリケン波止場と中央突堤間が埋め立てられ公園としたのが現在のメリケンパークです。神戸のランドマークとも言える神戸ポートタワーや神戸海洋博物館が建設され、趣ある彫刻やモニュメントが点在し、神戸港震災メモリアルパークでは阪神・淡路大震災から得た教訓を伝え、中突堤中央ターミナルからは優雅な遊覧船が往来する。「ザ・レジデンス元町 海岸通」の眼前に広がる港町神戸の過去から未来を凝縮した記憶のパークも、間もなく開港150年を迎えます。

海上より海岸通を望む:昭和初期/神戸市文書館提供(レファート写真コレクション)

船上ヨリ見タル神戸港及市街景観/神戸市文書館提供

神戸港 メリケン波止場と中突堤:昭和11年頃/神戸市文書館提供(レファート写真コレクション)

※掲載の現在の周辺環境写真は、平成27年11月に撮影したものです。